知って得する工法の種類

木造軸組工法

木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)とは、建築構造の木構造の工法の一つである。日本で古くから発達してきた工法で、工法としては今日もっぱら在来工法(ざいらいこうほう)と呼ばれることが多い。



木造枠組壁工法がフレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える構造であるのに対し、木造軸組工法では、柱や梁といった軸組(線材)で支える構造であるという大きなちがいがある。

2×4(ツーバイフォー)工法(木造枠組壁工法)

2×4工法とは、建築構造の木構造の工法の一つである。

 

欧米では標準的な木造住宅の工法であるが、日本でも1974年頃から建築されるようになった。

 

木造枠組壁工法は、耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造である。

 

木造軸組工法が、柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、

木造枠組壁工法では、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える。それゆえ、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性をもつ。

プレハブ(木質系パネル)工法

住宅の主要構造部の壁、柱、床、梁、屋根又は階段等を木質部材として、予め機械的方法で大量に工場生産し、現場で組み立てる建築工法。


日本は、世界一のプレハブ工法大国であり、1メーカーあたり年間数万戸を生産しています。

 

使用する建材や、設置に要する時間的なロスを徹底的に軽減できることがメリットである反面、規格化され融通が利かない構造や、耐久性の低さがデメリットになることもあります。 

鉄筋コンクリート構造

鉄筋コンクリート構造(てっきんコンクリートこうぞう)とは、

鉄筋コンクリートを用いた建築の構造もしくは工法。英語のReinforced-Concrete(補強されたコンクリート)の頭文字からRC構造またはRC造と略される。


防音性、保温性に優れマンション等の構造に採用されることが多いです。

 

また、意匠性の高い建築に採用されることも多いです。一般戸建住宅を除き、日本では多くの建物がこの工法で造られています

コンクリートパネル工法

コンクリートのパネル(PC板ともいう)を組み合わせて建物を構成する工法。耐火性、耐久性、遮音性などに優れる。

鉄骨ユニット工法

住宅を複数のユニットに分け、仕上げに近い段階まで工場生産した後、現場に搬送し組み立てる工法です。


構造部材の種類により「木質ユニット工法」、「鉄骨ユニット工法」などに分かれます。


最新技術を導入した工場で生産されるため部材品質のばらつきが少なく、職人の技能に左右されにくいので施工むらは起こりにくいが、外観のデザイン等が比較的制約されやすい。

 

また、工場生産の比率が非常に高く現場作業が少ないため工期の大幅な短縮が実現されています。

 

 

▲ページのトップへ